アメリカ、カリフォルニア州にて

ヴィンテージの生地を買い付け

長い年月をかけて生まれた

色落ちや色褪せ、汚れやシミ

ヴィンテージの持つそれぞれの風合いを活かして

私たちはリメイク制作しています。











メイドインジャパンの縫製にも拘り

岐阜で20年MELCHI DESIGNSというブランドの

デザイン/パターン/縫製

全てを手掛ける 都竹政貴さんに依頼して

一緒に作り上げています。











ヴィンテージリメイクのオーバーオールを制作するにあたり

メインの生地を何にするか悩んでいました。

色々な試作を繰り返し

たどり着いた答えが「生成りの帆布」


都竹さんが色々な人とのご縁で繋がった

広島の「尾道帆布」さんの工場にお邪魔させてもらいました。











尾道帆布さんは、原綿から糸を作る「紡績工程」と

糸から布を織る「織布行程」

どちらの工程も手掛ける尾道市唯一の帆布工場です。


とても良い帆布にで出会うことが出来、

早速サンプル制作しました。

帆布は縮むので水通しをしてから縫製に入る方も多いと思いますが

私たちは古着やヴィンテージの味のある雰囲気が好きなので

縫製後に製品洗いをすることにしました。

一度水通し・水洗いをして収縮率を測り

希望の仕上がりサイズから逆算してパターンを引きます。

ポリエステルの糸では無く綿糸を使うことで

よりパッカリング(生地のよれ、ジーンズで言うアタリ)が現れ

風合いが増します。

色々な試行錯誤を繰り返し

ようやくオリジナルのオーバーオールが完成しました。





デザインはフランスのヴィンテージオーバーオールを意識し、

ショルダーストラップにはチェコ軍のヘリンボーンツイル生地や

フランス・ドイツのワークウェアに使われている

インクブルーの生地を使用しました。

ボタンにも拘ってアメリカ買い付けでヴィンテージのボタンを探していたのですが

状態も含め中々良いものに出会えませんでした。

日本国内でヴィンテージのボタンを復刻生産しているメーカーを見つけ

1940年代にアメリカ軍で使用されていた13スターボタンをセレクトしました。


何度も都竹さんと打ち合わせ、試作を繰り返し

拘って作りあげたオリジナルのオーバーオール。

近々オンラインストアに掲載予定です。

お近くの方は是非店頭で手に取って見てください。


ヴィンテージリメイク オーバーオール
coming soon...


Sunny Garden オリジナルヴィンテージリメイク